学校法人カトリックマリスト会学園
高田カトリック幼稚園
〒635-0092 
奈良県大和高田市大中南町6番20号
TEL:(0745)52-5380
 

カトリック幼稚園である当園では、「愛と信頼の心」を育むことをめざして、人間にとってもっとも大切な「心の教育」を大切にしています。

幼稚園は、子どもがはじめて接する「社会」です。その「社会」におかあさんの「ふところ」のような安心できる居場所が必要です。子ども達が園生活の中で、ありのままの自分を出し、受け止められ愛されていることを感じてほしいと願い、そこから「自分を大切に」し「人を愛する」ことのできる子どもに成長してほしいと祈りつつ保育を進めています。

子ども達を取り巻く環境や価値観が揺らいでいる今日、私たち教職員一同は、カトリックの精神のもと、神様から与えられたかけがえのない価値ある命、個性の輝きを持つ一人ひとりを大切にした教育に心がけて参ります。

園庭で身体を存分に動かして遊んだり、モンテッソーリ教育法に基づいた環境の中での自主活動、様々な行動や活動を通して、個性を尊重し互いに助けあうことを体験する中で、笑顔が輝き、思いやりにあふれ、兄弟のように生き生きと生活している子ども達の姿を、「高田カトリック幼稚園」にぜひに見に来てください。

教育目標
教育目標

・素直な心でものごとを受け入れる
・いたわりのある温かい心をもつ
・善悪の正しい判断ができる
・勇気をもってよいこと、正しいことを行なう
・礼儀正しく感謝の心をもつ

心の教育

神にも人にも愛されていることを知り、感謝や思いやりの心をはぐくみ、人のために自らすすんでよいことをしようとする心を育てます。

国際教育

世界の様々なくらしや文化を知る中で、互いに理解しあう広い心と視野を育てます。 

健康教育

すこやかな体を育てます。

幼児の「敏感期」に則したモンテッソーリ教育

日常生活、感覚、数、言語、文化の分野の教具を用いて、自主活動を行い、子どもが人格をつくりあげる手助けをします。

園の歴史と特徴

高田カトリック幼稚園は、大和高田の地にあって保護者からも地域からも愛されている40年余りの伝統ある幼稚園です。登園してきた子ども達は一番に、園庭にある優しいマリア様の像の前で、小さな手を合わせて「どうぞ私たちをお守りください。」とお祈りして、保育室に向かいます。

同じ敷地の中にカトリック大和高田教会があり、折々に聖堂を訪れて皆でお祈りをします。

大通りから一つ中に入った所に位置していますので、市の中心とは思えない静けさを感じさせます。

園の歴史と特徴 上
園の歴史と特徴 下

高田カトリック幼稚園を経営するのは「マリスト修道会」です。フランス革命の頃、フランスのリヨンで生まれたこの修道会は、その後、世界各地で小さく弱い人々の為に奉仕してきました。わが国では、戦後、かつて敵国であったオーストラリアから、「憎しみではなく愛を」届けたいというマースデン神父の呼びかけに若い神父達が来日し、奈良の地でカトリック教会と幼児教育・老人福祉施設の仕事に携わってきました。

本園は、どんな小さな一人をも大切にするという「マリスト修道会」の精神を受け継いで、保育にあたっています。

クラス編成について

高田カトリック幼稚園では、3歳・4歳・5歳の異年齢混合の縦割りクラスで共に生活することを基本に、同学年の横割り活動も生活の中に取り入れています。
子ども達は能力の違い、体力の差、身体の大小など種々の異なるタイプの人と出会い、年齢の異なる人との関わりを学んでいきます。
大きい子が小さい子のできないところを手伝ってあげる、小さい子は大きい子のすることを見て真似をする。
子どもは互いの価値を日常生活の中で相互に感じ取り、慈しみの共同体が自然に生まれます。
家庭内の兄弟数が少なくなった今日、特にこの縦割りクラスの良さを感じています。

クラス編成について
満3歳児クラス
満3歳児クラス

満3歳の誕生を迎えられたお子様は、縦割りクラスに入る年齢になるまで満3歳児クラスの中で生活します。

子どもは、満3歳の誕生を迎える前後から言語や秩序、感覚や運動に対する敏感期が強く現れてきます。この自らが学ぶのに最も適した時期を大切に過ごして欲しいと考えています。

学校法人カトリックマリスト会学園 高田カトリック幼稚園

〒635-0092 奈良県大和高田市大中南町6番20号 TEL (0745)52-5380

■近鉄南大阪線高田市駅より徒歩5分
■奈良交通高田市駅前バス停より徒歩5分
■奈良交通片塩町バス停より徒歩3分